【時代】 戦国時代 – 江戸時代初期
【生誕】 天文16年(1547年)
【死没】 元和3年(1617年)
【別名】 斯波義忠、津田義忠、織田清次、通称:刑部
【官位】 従五位下・刑部少輔
【主君】 織田信長→滝川一益→豊臣秀次→長谷川秀一→松平忠吉→前田利長→利常
【氏族】 織田氏→津田氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代初期にかけての武将・加賀藩士。

加賀藩人持組津田玄蕃家初代当主。

正室は畠山氏。

子に津田正忠、養子に津田正俊。

通称は刑部。

別名に斯波義忠(よしただ)、津田義忠、織田清次。

官位は従五位下・刑部少輔。

[sengoku-2]

『加賀藩史稿』によると、父は斯波義近(ただし年齢が合わない)。

正勝ら兄弟の父は一般的には織田刑部大輔とされ、織田信長の叔父・信次の孫にあたるといわれるが、これも年代的に疑問視されることもある。

長兄の中川重政、津田盛月、木下雅楽助などの兄弟がいる。

中川重政ら他の兄弟と共に織田信長に仕え、織田氏を称し、後に津田氏に改めた。

天正10年(1582年)、滝川一益の配下として神流川の戦いに参加した。

一益の失脚後は豊臣秀次に6600石で仕え、従五位下・刑部少輔に叙任された。

秀次死後は長谷川秀一、松平忠吉に仕えた後に浪人し、京都で隠棲したとされているが、慶長10年(1605年)に豊臣姓を下賜されていることから、何らかの活動を行っていたとも考えられる。

[sengoku-3]

慶長16年(1611年)、63歳で元同僚の今枝重直の誘いを受けて前田利長に2000石で仕えた。

後に前田利常に仕え、1000石を加増される。

大坂の陣の際、出陣を希望したが許されず、大坂冬の陣では金沢城、大坂夏の陣では富山城の留守居役をそれぞれ務めた。

元和3年(1617年)、富山城で死去した。

享年71。

家督は嫡男・正忠が相続した。

正勝の子孫は、代々加賀藩の家老を務め、明治期に斯波へ改姓した。

子孫の斯波蕃が戊辰戦争の功績で男爵に叙され華族となった。

また当初、正室・畠山氏の甥・正俊を養子としたが、実子の正忠が誕生したため、正俊は蜂須賀家政に仕えた。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

津田正勝(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【津田正勝(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)