【時代】 戦国時代
【生誕】 明応8年(1499年)
【死没】 永禄10年12月22日/23日(1568年1月21日/22日)
【別名】 通称:監物、杉ノ坊算長
【氏族】 津田氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

通称は監物。

杉ノ坊算長ともいう。

弟に杉ノ坊明算、子に津田算正、杉ノ坊照算、津田有直がいる。

[sengoku-2]

津田正信を祖とした楠木氏一族の末裔を名乗る。

紀伊国吐前城(現・和歌山県和歌山市吐前)主。

根来寺僧兵の長。

火縄銃の名手で、日本における鉄砲術の基礎を編み出したとされ、「津田流砲術」を創始した。

[sengoku-3]

自ら種子島に渡り、領主・種子島時尭から一丁の種子島銃を買い、職人・芝辻清右衛門に鉄砲を複製させた。

鉄砲技術を算長が畿内に持ち込んだ事によって、紀伊・堺などは鉄砲の大量生産国となった。

なお、『鉄炮記』ではもともと種子島の住人であったとしている。

永禄10年(1567年)死去。

享年69。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

津田算長(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【津田算長(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)