【時代】 安土桃山時代
【生誕】 永禄元年(1558年)
【死没】 慶長4年4月21日(1599年6月13日)
【改名】 高信(初名)→久綱
【官位】 弾正忠
【主君】 島津氏
【氏族】 縣土持氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代の武将。

土持親成の養子。

複数存在する家系図、改名による別人との混同の可能性など極めて経歴が錯綜している。

年齢や習慣などを勘案し、最も確率が高いと思われる説で解説する。

縣土持氏の次期家督で、土持栄続の子として誕生。

当初は高信を名乗る。

[sengoku-2]

天正6年(1578年)4月10日、大友氏によって居城松尾城を攻め落とされた縣土持氏が敗北し、当主・土持親成が豊後浦辺にて処刑されると、一時長門国で浪人したという。

同年11月12日、島津氏が耳川の戦いで大友氏を破ると縣は島津領となるが、その2日後の同14日に島津氏の被官となった(『川上久辰耳川日記』)。

以後、天正7年(1579年)からの9年間、縣地頭として土持高信が松尾城に在番した(『上井覚兼日記』)。

なお、その時期の天正12年(1584年)12月に島津義久から「久」の字を賜り「久綱」と改名している(『島津国史』)。

[sengoku-3]

天正15年(1587年)3月には豊臣秀吉が九州平定軍を起こし、豊臣秀長を総大将とする東九州方面軍が来襲する。

蜂須賀家政、毛利輝元、吉川元長、小早川隆景、黒田孝高など総勢九万に包囲され、敗れた久綱は島津家久を頼って佐土原に去った(「九州役年月表」)。

その後、縣には秀吉によって高橋元種が封じられている。

文禄・慶長の役には島津義弘に従って出陣し、帰国後の慶長4年(1599年)4月21日、出張先の京都伏見にて死去した。

享年42。

久綱には3人の子があった。

長男の信村と次男の久助は高橋元種に仕え、三男の盈信は島津義久に仕えた。

この盈信の子孫が、鹿児島土持氏となる。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

土持久綱(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【土持久綱(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)