【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 大永6年(1526年)
【主君】 島津勝久
【氏族】 土持氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

島津氏の家臣。

土持氏庶流の出身。

島津氏14代当主・島津勝久の家老を務めたが、後の15代当主・島津貴久を養子に迎えることに反対し、抗議のため家老職を辞した。

[sengoku-2]

しかし、その態度が逆に島津忠良に気に入られ、仕えるように請われる。

結果、薩州家5代当主・島津実久により大永6年(1526年)、自害に追い込まれた。

3歳であった息子・若狭(名称不詳)は忠良に保護され、その側室に養育され、後に泊の地頭になり、その孫らも島津家に仕えた。

[sengoku-3]

若狭の長子・利綱の一女は、政綱と同様に勝久の家老職にあって自害させられた川上昌久の子・川上久隅の三男久通を婿養子としたがその兄・久利が関ヶ原の戦いで戦死したために、久通は川上氏に戻ってしまったが、そのまま付いていってしまったなど、なかなか波乱な一家であった。

なお孫の三男・昌綱は宮之城島津家・島津忠長に仕え、鹿児島から宮之城に移り住み、以後、安綱…安縄ー政博ー五右衛門…巌ー仙(あがる)と続いた。

うち、政博は出家して仙巌と称し、「宮之城記」「祁答院記」を編集した。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

土持政綱(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【土持政綱(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)