【時代】 安土桃山時代 – 江戸時代前期
【生誕】 永禄6年(1563年)
【死没】 寛永10年4月11日(1633年5月18日)
【別名】 忠次郎(通称)、正成、定政、広忠
【官位】 従四位下志摩守
【主君】 豊臣秀吉、秀頼、徳川家康、秀忠、家光
【氏族】 寺沢氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将、大名。

肥前国唐津藩初代藩主。

官位は従四位下・志摩守。

尾張国の生まれ。

はじめ、父・広政と共に豊臣秀吉に仕えた。

[sengoku-2]

文禄元年(1592年)からの朝鮮出兵に際しては肥前名護屋城の普請を務め、出征諸将や九州大名への取次を担当し、長崎奉行にまで出世した。

奉行時代の文禄3年(1594年)にキリシタンに改宗したが、慶長2年(1597年)の日本二十六聖人処刑を契機に棄教。

貿易統制から朝鮮に出兵した日本軍の補給や兵力輸送の任を務めた。

豊臣氏の家臣団内部では文治派と目され、小西行長と共にいわゆる武断派から憎まれた。

秀吉死後は徳川家康に近づき、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは東軍に与した。

戦後に関ヶ原の戦功によって天草4万石を加増された。

豊臣政権の公儀権力が徳川に移ってからは「秀吉の取次ぎ」から「家康の取次ぎ」として公的地位を新たにした。

九州の諸大名と繋がりがあり、長崎代官として国際外交に携わっていたため、関東での海外貿易を模索していた家康にとって貴重な人材であったとされている。

関ヶ原の戦い以降も実権を握った家康と西軍だった島津氏との戦後処理の交渉を仲介するなどしたが、時と共に取次の役割は家康の家臣に委ねられた結果、権力を失った。

[sengoku-3]

唐津城を築城し、天草の飛び地を含めると12万3千石を領する大名となり、天草領を治めるために富岡城を築くなどし、城代・代官を派遣して統治した。

唐津や天草の土着豪族を弾圧したが、その結果、唐津は安定し繁栄した。

他方、当初はキリシタンの弾圧を積極的には行っていなかったが、慶長19年(1614年)の禁教令以後、厳しく棄教を迫るようになり、晩年には拷問の手法を取るようになった。

寛永10年(1633年)死去、享年71。

墓所は唐津市鏡の鏡神社境内にある。

墓所は地元では志摩様(しまさま)として慕われ、毎年春、桜の花見の時期に小宴が催されてきた。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

寺沢広高(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【寺沢広高(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)