【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 不明
【死没】 天正14年12月7日(1587年1月15日)
【改名】 鑑教→宗魚(法名)
【別名】 武蔵、越前入道、宗匡
【官位】 武蔵守、越前守
【主君】 大友義鑑→義鎮(宗麟)→義統
【氏族】 利光氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

大友氏の家臣。

大友氏庶流戸次氏の支流利光氏の一族。

宗魚は法名、実名は鑑教(あきのり)。

別名宗匡。

豊後国鶴賀城主。

大友への忠義を守って忠節を尽くす清廉な勇将と伝わる。

主に大友義鑑の子・義鎮(宗麟)とその子・義統父子に仕えた重臣である。

[sengoku-2]

天正9年(1581年)3月に義統の命令で日向宮崎で島津忠長や新納忠元と対峙する志賀道易を救援する。

天正13年(1585年)に宗麟の勧めを受けてキリシタンの洗礼を受けた。

天正14年(1586年)に宗魚は3千9百余騎を引連れ肥前、筑前に出陣していたが、留守の間に島津軍の豊後侵攻(豊薩合戦)を受けたため帰国し、11月、島津家久の率いる2万の大軍が宗魚の居城・鶴賀城に迫った。

宗魚がまだ城に戻れていない期間、彼の子の統久らは城兵を率いて抗戦しても、家臣・牧宗之助を人質に出して一時的に島津軍と講和した。

のち戻った宗魚は、家久の降伏勧告を拒否し、城兵700余名と非戦闘員が3千人ほど籠城の構えをみせ、夜討ちをしかけ成功させた。

[sengoku-3]

12月3日、利光一門の利光伊予守は島津軍に備えるため、佐藤美作守と共に300余名を率いて出陣。

島津勢500余名と大筒井川で合戦になり、切岩の坂で鉄砲や大石をよく運用して地の利を生かした巧みな戦いで島津勢に大損害を与えても、利光勢は佐藤美作守ら32名が戦死。

島津勢は53名が戦死。

同月6日から本格的な城攻めが行われ、家臣の浅見景治と徳丸長継らが討死した。

その日のうちに三の丸、二の丸が落ち、本丸域を残すのみとなったが、島津勢はそれ以上攻めきることができず、ひとまず家久は城の南の梨尾山に退いた。

翌7日、宗魚は物見櫓でその撤退を視察する際、流れ弾に当たり討死した。

城兵は宗魚の死を隠して戦いを続け、なおも5日ほど持ち堪えた。

一連の戦いで、島津軍は3千人、城の方は千人ほどが戦死したとされる。

だが、直後の戸次川の戦いで大友の主力軍が家久に大敗したため、やむなく降伏する事となった。

主君・宗麟は利光氏の忠勤を賞して開城させ、 城兵を臼杵に収容した。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

利光宗魚(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【利光宗魚(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)