【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 永禄9年(1566年)2月
【死没】 天正18年6月6日(1590年7月7日)
【改名】 路四郎(幼名)→盛安
【別名】 九郎、治部大輔
【主君】 豊臣秀吉
【氏族】 桓武平氏戸沢氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代の出羽角館の大名。

戸沢氏18代当主。

永禄9年(1566年)2月、角館城で戸沢氏16代当主・戸沢道盛の子として生まれる。

幼名は路四郎。

智勇に優れ、周辺の諸大名から「鬼九郎」「夜叉九郎」と呼ばれ、恐れられた。

天正6年(1578年)、病弱な兄・戸沢盛重にかわって、13歳で家督を相続し、角館城主となった。

この頃の戸沢氏は父・道盛からの家臣団の掌握や領国経営の安定化も実っていたため、盛安は南部氏からの独立を志して、勢力拡大に奔走していく。

[sengoku-2]

天正10年(1582年)頃に大曲平野に進出し、小野寺氏と対立を深めながら、最上氏と連携して小野寺氏に脅威を与えるなど、活躍した。

同年、楢岡城主の小笠原右衛門と共に安東愛季を1,000の兵で三日の野戦の末に破る。

この時、負傷した敵兵に害を与えず、豊島に帰したという(『野史』)。

やがて北浦郡を平定すると、天正14年(1586年)の阿気野の合戦で、盟友・楢岡氏の手引きによって上浦郡沼館城へ進軍し勝利。

この戦いでは沼館城主・大築地秀道配下の敵将小清水蔵人を両断したとの逸話も残る。

こうして小野寺氏を破り上浦郡へ進出し、天正11年(1583年)には仙北に侵入した安東愛季を唐松野合戦で破って淀川城を奪回するなど、現在の秋田県の角館地方を中心に確固たる勢力基盤を築き上げた。

天正17年(1589年)の湊合戦の際、盛安は湊通季を支持し、秋田実季と戦っている。

[sengoku-3]

最終的には4万4,300石を支配したとされ、中央勢力との外交も行い、天正7年(1579年)には織田信長に鷹と名馬を送って誼を通じている(『戸沢家譜』)。

天正18年(1590年)の豊臣秀吉の小田原征伐の際に商人に変装して侍6人と足軽3人を連れて参陣し、3月10日に秀吉と謁見する。

中村一氏の幕下に入れられ、北浦郡4万4,000石の所領を安堵された。

しかし、小田原城落城の前に突然病死した(『戸沢家譜』)。

享年25。

嫡男・政盛は4歳だったため、弟の光盛に家督を譲ることを秀吉に託したという。

墓所は小田原の海蔵寺。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

戸沢盛安(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【戸沢盛安(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)