【時代】 安土桃山時代 – 江戸時代前期
【生誕】 天正元年(1573年)
【死没】 寛永8年閏10月9日(1631年12月2日)
【改名】 吉助(幼名)→重門
【官位】 従五位下丹後守
【主君】 豊臣秀吉→豊臣秀頼→徳川家康→徳川秀忠
【氏族】 竹中氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代から江戸時代の武将。

戦国期の軍師として知られる竹中重治(竹中半兵衛)の嫡子。

天正元年(1573年)、誕生。

[sengoku-2]

父・重治の死後、従叔父(父の従弟)の竹中重利の後見を受けて、羽柴秀吉(豊臣秀吉)に仕える。

天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦い、天正18年(1590年)の小田原征伐などに従軍する。

天正16年(1588年)に従五位下丹後守、翌天正17年(1589年)には美濃国不破郡に5,000石を授けられた。

文禄の役では名護屋城に駐屯し、慶長の役では軍目付として朝鮮へ渡海した。

戦後、戦功によって河内国内に1,000石を加増される。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、当初西軍に属して犬山城主・石川貞清を援助するが、井伊直政の仲介によって東軍に鞍替えする。

そして他の主たる東軍の武将同様、みずからの居城である菩提山城を徳川家康に提供している。

本戦では、幼なじみでもある黒田長政軍に合力して激戦地で奮戦した。

[sengoku-3]

9月16日、徳川家康は近江に向けて出発するにあたり、重門に米千石を与えて、領地に迷惑を及ぼしたことを謝するとともに、戦場の死体を収拾して首塚を造ることや、損害を受けた社寺の修復を命じている。

さらに戦後まもない9月19日(10月25日)、伊吹山で西軍の武将・小西行長を捕縛するなどの功を挙げ、家康から直筆の感状を受けた。

また、幕府旗本(交替寄合席)として美濃岩出山6,000石を安堵され代々継承した(のちに分家を輩出し5,000石となる)。

庶子の一人は長政との縁により福岡藩黒田家に重臣として仕えた。

戦後は竹中氏陣屋に拠点を移し、二条城の普請や大坂の陣にも参加したが、寛永8年(1631年)に江戸にて死去する。

享年59。

墓所は東京都港区の泉岳寺。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

竹中重門(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【竹中重門(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)