【時代】 戦国時代 – 江戸時代前期
【生誕】 天文14年5月5日(1545年6月13日)
【死没】 慶長17年7月24日(1612年8月20日)
【別名】 三左衛門(通称)
【官位】 従五位下、豊前守
【主君】 徳川家康→秀忠
【氏族】 内藤家 (信成系)

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代前期の武将、譜代大名。

一説に松平広忠の庶子で徳川家康の異母弟とされる。

『藩翰譜』では嶋田某の子で、内藤清長の養子、あるいは母は松平広忠の寵愛を受けて信成を身籠り、嶋田景信に嫁して3月後に出産、事情を知った清長がこれを養子として育てたとの所伝ありとする。

また生母は広忠の侍女で、小野次郎右衛門の娘という説もある。

一方、『寛政重修諸家譜』(以下『寛政譜』)では、内藤右京進某(義清)の娘(清長の姉妹)と嶋田久右衛門景信の子とされている。

なお『寛永諸家系図伝』では内藤家長の養子として扱い、家長が実子をもうけたために、別に家康に仕えたとされていた。

しかし天文15年(1546年)生まれの家長が、年長の信成を養子とする理由はなく、「貞享書上」において清長の養子として訂正され、以降『藩翰譜』『寛政譜』はこれに従っている。

[sengoku-2]

弘治3年(1557年)に13歳で松平元信(徳川家康)に会見、一字を与えられて「信成」となり、その側近となった。

永禄元年(1558年)三河広瀬城攻略に清長と共に従軍し、また三河一向一揆平定の後、その軍功により三河国中島に600石の采地を与えられた。

元亀3年(1572年)の三方ヶ原の戦いで殿軍を務めた他、天正3年(1575年)の長篠の戦いの際、その功績を織田信長から賞賛されたと『寛政譜』に記述がある。

その後も高天神城の戦いや小牧・長久手の戦いにて活躍。

天正17年(1589年)6,000石を加増されて甲斐常光寺城の城主となる。

天正18年(1590年)小田原征伐に参陣した際、豊臣秀吉がその「武備を感じ」(『寛政譜』)目通りを許したという。

家康の関東入国の後に伊豆国1万石を与えられて韮山城の城主となった。

[sengoku-3]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、駿河国沼津の三枚橋城を守備。

慶長6年(1601年)に駿府城を与えられ、4万石の領主となる。

慶長8年(1603年)に従五位下豊前守に任ぜられた。

慶長11年(1606年)、采地を改められて近江国4万石を領し、長浜城を居所とした。

慶長17年7月24日、長浜城において68歳で病没(前掲「内藤家譜」)。

法名は法善院殿陽竹宗賢大居士とされている。

また、その御霊は村上市に鎮座する藤基神社で祀られている。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

内藤信成(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【内藤信成(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)