【時代】 安土桃山時代 – 江戸時代前期
【生誕】 永禄元年(1558年)
【死没】 元和6年6月30日(1620年7月29日)
【改名】 高照→一照
【別名】 山内一照、山内刑部、通称:刑部大輔
【官位】 刑部大輔
【主君】 六角氏→織田氏→山内一豊→忠義
【氏族】 宇多源氏・佐々木氏支流永原(山内)氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。

土佐藩家老。

滝山一揆を鎮定し善政により土佐山内氏の土佐治政に功績があった。

[sengoku-2]

永禄元年(1558年)、尾張国にて誕生。

祖先は宇多源氏佐々木氏支流である山崎氏支流の永原氏。

初め高照を名乗る。

当初は六角氏に属し、その衰退後織田氏に仕える。

天正13年(1585年)、近江国長浜城主となった山内一豊に仕える。

その後一豊より「一」の偏諱を受け一照と改める。

通称は刑部大輔。

また山内姓を許されて山内一照・山内刑部を称した。

天正18年(1590年)、一豊の遠江国掛川転封に伴って500石を与えられる。

[sengoku-3]

慶長6年(1601年)、山内氏の土佐入国に際して積年の功により土佐国長岡郡本山1330石を与えられ本山土居の初代領主として本山領の支配を任される。

慶長8年(1603年)、滝山一揆の鎮圧に尽力し知行2500石に加増され代官領1000石も与えられる。

その後本山において善政を敷く。

慶長29年(1614年)、大坂の陣において高知城留守居役を務め主君からの信頼も厚かった。

元和6年(1620年)6月30日死去。

享年63。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

永原一照(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【永原一照(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)