【時代】 戦国時代 – 江戸時代初期
【生誕】 天文19年(1550年)
【死没】 元和4年11月29日(1619年1月14日)
【改名】 山路久之丞→長尾一勝
【別名】 山路種常、長尾種常、通称:勘兵衛
【官位】 隼人正、隼人佐
【主君】 神戸具盛→福島正則
【氏族】 山路氏→長尾氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。

神戸氏、後に福島正則の家臣。

福島家三家老の一人と称された。

[sengoku-2]

天文19年(1550年)、神戸四百八十人衆の一人・山路正幽の子として誕生。

伊勢国河曲郡出身で、父・正幽と共に伊勢の国人領主・神戸具盛に仕えて、伊勢高岡城主となった。

その後、浪人して福島正則に仕えた。

天正18年(1590年)の小田原征伐では、正則の家臣として出陣し、北条氏規が籠もる韮山城攻めで城壁に3度よじ登り城内から3度突き落とされて負傷した。

[sengoku-3]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの後、福島正則が安芸国に入ると、備後国東城五品嶽城主となった。

慶長19年(1614年)から始まる大坂の陣でも活躍した。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

長尾一勝(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【長尾一勝(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)