【時代】 戦国時代
【生誕】 天文11年(1542年)
【死没】 慶長13年12月10日(1609年1月15日)
【別名】 通称:小十郎、ちゃ利九郎、彦五郎
【主君】 徳川家康
【氏族】 長坂氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

通称は小十郎、ちゃ利九郎、彦五郎。

法名は玄心。

長坂信政の子。

徳川家康の家臣。

妻は本多忠勝家臣・石原貞続の娘。

子に長坂信吉(長男)、長坂忠尚(次男)、長坂一正(三男)、長坂信次(四男)、長坂信時(五男)らがいる。

[sengoku-2]

天文11年(1542年)、「血鑓九郎」の異名で呼ばれた長坂信政の子供として生まれる。

三河国の戦国大名・徳川家康に仕えて、各地(掛川城の戦い・姉川の戦い・長篠の戦い)を転戦。

特に甲州征伐(天正10年(1582年))の際は穴山梅雪を調略して寝返らせ、この功績から大袖と黒馬を賜った。

豊臣秀吉による小田原征伐(天正18年(1590年))では本多忠勝の指揮下で参戦し、続く九戸政実の乱で陸奥国へ攻め込んだ際は鉄砲頭を務めた。

[sengoku-3]

その後は忠勝の子・本多忠朝に仕えた。

慶長13年(1608年)に伊勢国桑名で死去した。

享年67。

墓所は桑名の長昌寺。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

長坂信宅(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【長坂信宅(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)