【時代】 安土桃山時代 – 江戸時代初期
【生誕】 元亀4年/天正元年(1573年)
【死没】 慶長12年5月22日(1607年7月15日)
【改名】 一黒丸(幼名)→資盛(初名)→三盛
【別名】 通称:与次
【主君】 上杉景勝
【氏族】 越後中条氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。

中条氏22代当主。

沼垂郡奥山庄の鳥坂城主。

揚北衆三浦党の一人。

主家の会津移封後は出羽国置賜郡鮎貝城主となり、関ヶ原の戦いでは最上氏の支城を攻略した。

[sengoku-2]

元亀4年/天正元年(1573年)、越後国の国人・中条景泰の長男として誕生。

中条氏は相模国の名族で鎌倉幕府創立の功臣、平姓三浦氏、和田氏の流れである。

織田氏による攻撃により魚津城で戦死した父に代わり、上杉景勝に所領を安堵され家督を継ぐ。

一黒丸は当時まだ元服前の幼年であったものの、中条家家老・築地資豊を名代後見として特例的に相続が認められたものである。

主家の会津移封に従い、1万石と同心分3300石で鮎貝城主となり、関ヶ原の戦い時の最上攻めに水原親憲らと共に出陣している。

[sengoku-3]

その後、上杉家は米沢転封となるが、三盛は石高は3分の1に減ったものの、引き続き鮎貝城主を務める。

後に弟や叔父などの親族に分知し、自身の禄は1800石となった。

後年、最上攻めの時に受けた傷が悪化し、鮎貝城にて没した。

嫡子である一黒丸(三盛の幼名と同名、後の盛直)が父同様に若年で家督を相続するが、叔父・中条資種と築地資豊の争いが起きたため、一黒丸は米沢城に引き取られることとなる。

なお、中条家は幕末まで侍頭や執権、奉行など米沢藩の重職を担っている。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

中条三盛(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【中条三盛(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)