【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 元亀3年12月22日(1573年1月25日)
【主君】 徳川家康 → 松平信康
【氏族】 中根氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

徳川氏の家臣。

松平信康の家老・二俣城主を務めた。

[sengoku-2]

中根正昭の子として誕生。

永禄11年(1568年)、三河国の徳川家康が遠江国に侵攻して二俣城を奪う。

そして、中根正照を城主、青木貞治・松平康安らを部将として入城させた。

しかし元亀3年(1572年)10月、武田信玄に攻められ奮戦空しく降伏・開城する(二俣城の戦い)。

二俣城には、信玄の家臣の芦田信守・信蕃父子が入城し、正照は開城後、浜松に帰還した。ところが、それを知らなかった家康は二俣城の救援に向かい、武田軍と激突し惨敗して浜松に敗走してしまう。

[sengoku-3]

主君を空しく帰らしめたことを深く恥じた正照は、元亀3年12月22日(1573年1月25日)の三方ヶ原の戦いにおいて、二俣城開城の恥辱を雪がんとして奮戦したが、徳川軍は武田軍に大敗。

正照は討死を遂げた。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

中根正照(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【中根正照(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)