【時代】 戦国時代
【生誕】 永正元年(1504年)
【死没】 永禄5年5月5日(1562年6月6日)
【改名】 金吾(幼名)→稙藤
【官位】 従五位下、宮内大輔
【氏族】 長野工藤氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

伊勢国の戦国大名。

長野工藤氏14代当主。

永正元年(1504年)、13代当主・長野通藤の子として誕生。

永正8年(1511年)から大永元年(1521年)の期間内に元服、10代将軍・足利義稙と父・通藤からそれぞれ偏諱を受けて稙藤に改名している。

[sengoku-2]

享禄3年(1530年)、父が死去したため、家督を継いで14代当主となる。

伊勢の支配権をめぐって、南伊勢の雄たる北畠晴具と争った。

天文年間中期から後期にかけて、嫡男・藤定に家督を譲って隠居したものと思われるが、その後も藤定と共に軍を指揮し、政務を執っていた形跡があることなどから、藤定と共同統治を行なっていたものと推測される。

北畠家との抗争はその後も続いたが、天文16年(1545年)からの北畠晴具の侵攻に次第に押され気味となった。

永禄元年(1558年)に北畠具教の次男・具藤を藤定の養子に迎え、家督を強制的に譲らされることで和睦した。

実質的に長野氏は北畠家に臣従したのである。

[sengoku-3]

永禄5年(1562年)5月5日に死去。

享年58。

永禄5年説をとるのであれば、同日に嫡男の藤定も死去しているため、北畠氏に暗殺された可能性が高い。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

長野稙藤(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【長野稙藤(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)