【時代】 戦国時代
【生誕】 永正7年(1510年)
【死没】 永禄2年(1559年)
【官位】 備中守
【主君】 浦上氏
【氏族】 中山氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

浦上氏の家臣。

備中守。

不正確な記述が多い江戸時代の地誌や軍記物などで中山信正と記されてきたが、天文年間の終わりから永禄年間の初めごろ(おおむね1540年代後半から1550年代)に中山備中守が穝所久経に充てた書状が発見され、その中で「勝政」という署名と花押があるのが確認されたことで、実名は勝政であることが有力となった。

[sengoku-2]

浦上政宗と浦上宗景兄弟対立の中で、沼城を領していたが、その和睦に際して、島村盛貫とともに永禄2年8月29日から永禄5年末の間に殺害された(播磨浦上事、如御存知、兄弟不和に候つるか、……就夫渦中之者、一両人生害さセ候由候「大友宗麟書状 田村文書」)。

備前を完全に影響下に置こうとした宗景にとって邪魔であったと見られる。

[sengoku-3]

説話などでは、「娘を宇喜多直家に娶らせることによって直家の策謀から逃れようとしたが、浦上氏の征服を図る直家によって謀反の容疑をかけられ、永禄2年(1559年)に直家によって暗殺された。

死後、その所領は直家に奪われた」などとされたが、浦上氏や毛利方による在来勢力の排除が「直家による暗殺」として責任転嫁されたものの一つである。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

中山信正(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【中山信正(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)