【時代】 戦国時代 – 江戸時代
【生誕】 不明
【死没】 寛永13年(1636年)7月13日
【別名】 家正、晴家、中村刑部丞(中村刑部)、通称:次郎兵衛
【官位】 刑部丞(官途名)
【主君】 前田利家→宇喜多秀家→前田利長→利常
【氏族】 源氏 中村氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代にかけての人物。

前田氏、後に宇喜多氏の家臣。

中村刑部丞、中村刑部とも。

系譜、発給文書で確認される実名は家正。

父は播磨国多可郡阿賀邑を領した中村正祝。

[sengoku-2]

はじめは前田利家の家臣であったが、宇喜多秀家が利家の娘である豪姫を娶ると、その付き人として秀家に仕え、大坂屋敷家老となる。

経理に明るく、城下町の川の水流を変える等、土木築城技術に優れていたため秀家に重用されたが、長船綱直、浮田太郎左衛門と共に宇喜多詮家、戸川達安、岡越前守、花房正成、角南重義、楢村玄正らと対立し、慶長5年(1600年)1月5日に大坂で襲撃を受けるも難を逃れて、越中五箇山に蟄居したとされる。

この中村次郎兵衛の襲撃を発端として宇喜多家を二分した一連の騒動は「宇喜多騒動」と呼ばれる。

騒動の原因については、次郎兵衛が出費を補うために行った増税、キリシタン対策、宇喜多家中の主導権争いなど諸説ある。

[sengoku-3]

慶長7年(1602年)に加賀藩に出仕してからは、宇喜多家での経験を生かして年貢の算用、寺社への取次役を務めている。

慶長末期に名乗を「中村次郎兵衛」から「中村刑部丞」に改名、二千石を領した。

寛永7年(1630年)宇喜多旧臣難波秀経が金沢西町に閑居していた豪姫(備前様)の許に面会した際に、一色照昌(主膳)と共に取次役を務めている。

寛永8年(1631年)の大火で金沢城を含む多数の武家屋敷が焼失したが、刑部の屋敷も被害に遭った。

寛永13年(1636年)7月13日に死去。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

中村次郎兵衛(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【中村次郎兵衛(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)