【時代】 安土桃山時代
【生誕】 元亀元年(1570年)
【死没】 天正10年1月24日(1582年2月16日)
【改名】 鶴千代(幼名)、晴継
【別名】 通称:彦三郎
【氏族】 南部氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

陸奥国の戦国大名。

南部氏25代当主。

元亀元年(1570年)、24代当主・南部晴政の嫡男として誕生。

父・晴政は実子の誕生を諦めて叔父・石川高信の長男・南部信直を養子に迎えていたが、晴継が生まれると次第に信直を疎むようになり、天正4年(1576年)には信直を廃嫡して晴継を世子にした。

[sengoku-2]

天正5年(1577年)、北信愛を烏帽子親として元服した。

なお、家督相続の時期に関しては、天正元年(1573年)、天正5年(1577年)、天正10年(1582年)の3説があるが、信直と晴政の養子関係が白紙になったのは天正4年(1576年)である。

そのため天正5年説か天正10年説の2つに絞られるが、未だ幼少であることを考えると、天正10年(1582年)の父・晴政の病死後に家督を継いだものと思われる。

[sengoku-3]

天正10年(1582年)、僅か13歳で疱瘡を病んで死んだ(『南部根元記』)。

父の葬儀を終わらせて三戸城に帰城する途上で、夜陰に乗じた暴漢に襲われて一命を落としたともいわれる。

この暴漢は、家督を狙っていた南部信直が指揮していたものとも、九戸政実が指揮していたものとも言われ、いずれも暗殺の可能性が高い。

また異説では、父の晴政ともども南部信直の反乱によって殺されたといわれる。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

南部晴継(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【南部晴継(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)