【時代】 戦国時代 – 江戸時代初期
【生誕】 大永2年(1522年)
【死没】 慶長8年(1603年)
【官位】 木工助
【主君】 吉川元春
【氏族】 二宮氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。

吉川氏の家臣。

安芸国国人・吉川氏に仕えた。

[sengoku-2]

天文20年(1551年)、大内義隆が家臣の陶隆房の反乱により横死すると(大寧寺の変)、主君・吉川元春の父である毛利元就は陶方に協力し、大内義隆派の西条槌山城を攻撃した。

この戦いに俊実は出陣し、攻略に成功している。

天文24年(1555年)の厳島の戦いでは吉川軍の主力として奮戦、一時危機に陥った小早川隆景を救援した。

その後、敗走する陶軍を追撃し、陶軍の三浦房清を討ち取る勲功を挙げた。

[sengoku-3]

弘治4年/永禄元年(1558年)、毛利氏が石見国の本城常光に攻めると、主君・元春の指示を受け、山県春勝と供に決死隊を組織し、城将刺賀長信・高畠遠言が籠城中の山吹城への兵糧搬入を行った。

この後、忍原崩れで敗北した毛利氏であったが、すぐさま体勢を整えると謀略により常光を誘降し、永禄5年(1562年)11月5日、俊実は粟屋源三、森脇春方と協力して常光を暗殺した。

俊実はその後も吉川氏の主力として戦い、その武勇を遺憾なく発揮した。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの後、敗れた毛利氏の移封にともない吉川氏も岩国へ移封されると、これに従った。

慶長8年(1603年)、同地で死去。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

二宮俊実(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【二宮俊実(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)