【時代】 戦国時代
【生誕】 享禄3年(1530年)
【死没】 天文16年3月5日(1547年3月26日)
【別名】 国王丸、七郎、宗阿
【官位】 修理大夫、信濃守
【氏族】 二本松氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将、二本松氏第7代当主。

陸奥国安達郡二本松城主。

享禄3年(1530年)、二本松氏第5代当主・二本松村国の子として生まれる。

この時期の二本松氏の系譜については諸説有る。

[sengoku-2]

義氏が家督を相続したのは、天文15年(1546年)4月に兄の第6代当主・二本松家泰が死去した際であると思われるが、伊達稙宗・晴宗父子の争いである天文の乱に関する二本松氏の活動は、家泰存命中の時点においても既に義氏の名で記されている。

これは両者が混同されたためとも考えられる。

[sengoku-3]

義氏および兄の家泰は稙宗方に属し、天文11年(1542年)9月13日には田村隆顕・石橋尚義らの援助を得て、家中の晴宗派の家臣を二本松城から追放し、さらに14日には八丁目城主堀越興行が晴宗方の遊佐美作守の城を攻略した。

また晴宗方に与した庶流の本宮宗頼を攻め、天文14年(1545年)6月3日には本宮城を攻め落とした。

天文15年(1547年)3月5日死去。

享年18。

義氏には子がおらず、叔父新城村尚の子・尚国が当主として迎えられた。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

二本松義氏(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【二本松義氏(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)