【時代】 安土桃山時代 – 江戸時代前期
【生誕】 天正4年(1576年)
【死没】 元和6年(1620年)
【改名】 宮松(幼名)→長正
【別名】 長昌
【官位】 従五位下、備中守
【主君】 豊臣秀吉→秀頼
【氏族】 良岑姓丹羽氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将・大名。

丹羽長秀の次男として生まれる。

母は越前国の朝倉氏遺臣の縁者。

[sengoku-2]

天正13年(1585年)に父が没すると、家督は兄・長重が継ぎ、長正はその許で500石を与えられて豊臣秀吉に仕えた。

天正15年(1587年)、秀吉から越前藤枝城5万石を与えられ、従五位下、備中守に叙任する。

後に越前東郷5万石を与えられ東郷槙山城主となり、秀吉から羽柴姓を与えられた。

[sengoku-3]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、中立だったが東軍の前田利長と敵対したため、戦後に徳川家康によって改易され、大坂城の豊臣秀頼に仕えた。

しかし慶長19年(1614年)の大坂冬の陣の前に大坂から脱出する。

元和6年(1620年)、越前福井で死去した。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

丹羽長正(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【丹羽長正(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

合戦名で探す(合戦の開始年代)