【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 大永3年(1523年)
【死没】 慶長2年11月22日(1597年12月30日)
【改名】 源六郎/勘助(幼名)→氏勝
【別名】 通称:右近大夫
【主君】 織田信次→信長
【氏族】 一色丹羽氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

織田氏の家臣。

尾張国岩崎城主。

岩崎丹羽家の祖は一色丹羽氏で、一色氏明が尾張丹羽庄に定着し、地名をとり丹羽氏を称した。

なお、同じ織田家臣の丹羽長秀の児玉丹羽氏とは血縁関係はない。

[sengoku-2]

天文24年(1555年)、守山城主・織田信次の家臣・洲賀才蔵が織田信長の弟・秀孝を殺害する事件が起こる。

信次は信長の怒りを恐れ逃亡したが、信次の家臣団は守山城に立て篭もり、その中に岩崎丹羽源六(氏勝)の名がある。

信次の家老・角田新五の謀反の際にも名が見える。

それ以降は信長の直臣となった。

永禄12年(1569年)、伊勢大河内攻めに加わる。

元亀元年(1570年)6月、近江国で姉川の戦いに参戦したのち、同年8月、野田・福島攻城戦の一員になる。

同年9月、浅井・朝倉軍挙兵の報に接し坂本に移動。

そのまま比叡山の攻防にも加わる。

天正3年(1575年)、越前攻めに参戦。

天正5年(1577年)2月、信長に従って紀伊国雑賀攻めに加わる。

[sengoku-3]

天正8年(1580年)4月24日、信長が鷹狩のために伊庭山に訪れたとき、氏勝の配下が大石を切り出す普請をしていたが、配下は手元が狂い信長の通り道先に大石を落としてしまった。

信長は怒り、氏勝の家来一人をその場で手討ちにした。

同年8月、林秀貞・安藤守就と共に、突然信長より追放される。理由は先年信長に逆心を抱いたためという。

その後は各地を転々とするが、信長の死後には次男・氏重の居城である傍示本城に戻り、余生を過ごした。

慶長2年(1597年)、死去。

享年75。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

丹羽氏勝(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【丹羽氏勝(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)