【時代】 安土桃山時代
【生誕】 永禄12年(1569年)
【死没】 天正12年4月9日(1584年5月18日)
【別名】 次郎助、次郎三郎
【主君】 徳川家康
【氏族】 一色丹羽氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代の武将。

徳川氏の家臣。

尾張国傍示本城主(現愛知県愛知郡東郷町春木市場屋敷に城跡石碑)。

[sengoku-2]

氏重は小牧・長久手の戦いで徳川家康に従軍、出陣した兄・丹羽氏次に代わって尾張岩崎城を守衛。

痘瘡(天然痘)を患っていたが、豊臣秀吉軍・池田恒興らが率いる三河奇襲部隊が城の前を通過すると、「見過ごすは末代までの恥」、「敵の動きを小牧山は未だ知らないであろう。われらが敵を食い止め討死すれば、必ず小幡城には聞こえる。また、小牧にも知らせが届こう。ご恩を奉ずるのは今日の一戦にある」と城兵239人に討死覚悟で一戦を命じた。

池田隊は、小城の岩崎城に構わずに進軍するつもりだったが、岩崎城からの攻撃に応戦した。

池田軍の攻城隊を三度に渡り撃退するなどよく戦ったが、新手として現れた森長可軍の銃撃に怯んだ隙に討ち取られた。

享年16。

[sengoku-3]

氏重の討死を知った榊原康政は「氏重殿以下、ご立派な最後。仇はこの一戦で必ず討ち果たしましょうぞ」と氏次に伝令を送った。

康政の伝令に氏重の兄・氏次は、「康政殿のお心遣い痛み入ります。仇は必ず討ち果たします。」と応答したという(岩崎城の戦い)。

この一戦は、秀吉軍の中入り部隊を足止めし、小牧・長久手の戦いの織田・徳川軍の勝利に貢献したとされる。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

丹羽氏重(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【丹羽氏重(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

合戦名で探す(合戦の開始年代)