【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 天文5年(1536年)
【死没】 天正8年3月16日(1580年3月31日)
【別名】 重武、通称:七郎
【官位】 右近大夫
【主君】 肝付兼続→島津義久
【氏族】 禰寝氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

禰寝氏16代当主。

禰寝氏は大隅国の国人。

[sengoku-2]

永禄4年(1561年)、肝付兼続に従って大隅国内に出陣する。

その後も肝付氏に従って島津氏と戦ったが、兼続の死で肝付氏の形勢が不利になると、元亀4年(1573年)、島津義久と単独で和睦した。

このため、肝付兼亮と伊地知重興に攻められることとなったが、これは島津軍の援軍によって撃退している。

[sengoku-3]

また、重長は内治において優れた才を発揮し、対明貿易や商業の奨励を盛んに行なった。

温州みかんの栽培を日本で最初に行った人物といわれている。

天正8年(1580年)死去。

嫡子・重張が17代当主となり、島津氏の重臣として引き続き仕えた。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

禰寝重長(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【禰寝重長(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)