【時代】 戦国時代 – 江戸時代前期
【生誕】 不明
【死没】 寛永元年(1624年)
【別名】 野田右馬助・菊院斎
【主君】 足利義氏→上杉謙信(長尾景虎)→後北条氏→足利義氏→徳川家康
【氏族】 関東野田氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。

足利氏(古河公方)、徳川氏の家臣。

下総国・栗橋城主。

天文18年(1549年)生まれの簗田持助より多少年長程度の同世代。

天文23年(1554年)、前古河公方の足利晴氏・藤氏父子が古河城奪還を図った際には、兄・野田弘朝と共に5代公方・足利義氏とその後ろ盾となった後北条氏の側に立ち、晴氏らに対抗した。

永禄3年(1560年)、上杉謙信(長尾景虎)が関東に入り関宿城の足利義氏を包囲すると、兄・弘朝と共に籠城したが、翌永禄4年(1561年)に義氏が城を出る頃には、義氏に随行した弘朝とは行動を別にしていたと考えられる。

[sengoku-2]

永禄8年(1565年)頃、関東野田氏の家督を継ぎ、上杉謙信(長尾景虎)の偏諱を受け景範を名乗ったと考えられる(ただし、景虎は永禄4年(1561年)閏3月に政虎と改名している。)。

翌永禄9年(1566年)、景範は上杉方として行動していた。

上杉謙信が下総小金城・臼井城攻撃のため動員すべきとした関東衆の中に「野田 五十騎」が含まれている。

しかし、臼井城攻撃の失敗後、他の関東衆と同様に景範も離反する。

永禄10年(1567年)5月には、北条氏照から起請文を与えられており、後北条氏に従属したことが確認できる。

本起請文の中で栗橋城明け渡しを要求され、景範は栗橋城主としての地位を失う。

永禄11年(1568年)10月には既に古河城に移っており、氏照より古河・鴻巣への在宿を指示されているので、この頃には栗橋城を明け渡していた。

景範は後北条氏従属後、同じ古河公方家臣との所領争いにも苦しんだ。

永禄10年12月には幸手一色氏と「河辺十六郷半」を巡り争っている。

続いて豊島氏景とも、下野・寒川郡網代氏一跡について争論となる。

しかし永禄11年(1568年)7月、公方・足利義氏により、一色氏・豊島氏どちらの争論についても景範の訴えは却下されている。

これらの所領争いにより公方・義氏の不興を被ったこと、さらに栗橋城を失った影響により、累代の公方家重臣であった野田氏は失墜し、以後、公方側近の中に名前が見られなくなる。

同じ公方家重臣だった簗田氏や一色氏が、義氏死後も「御連判衆」として側近であり続けたことと対照的である。

[sengoku-3]

永禄12年(1569年)、北条氏政と上杉謙信との間に越相同盟が成立し、古河城・栗橋城の帰属を巡る交渉が行われた際には、北条氏照から景範に対して、「栗橋城は景範の本地であることを理由に後北条氏が確保すること、栗橋城を景範に返還する意向であること」が示された。

実際に同年7月、景範は栗橋在城を命じられる。

元亀3年(1572年)12月までに景範は再度離反する。

所領争いや後北条氏家臣との闘乱事件により、後北条氏の許では不満が募っていたと考えられる。

元亀3年12月、栗橋城は後北条氏の攻撃を受け落城した。

その後は、再び公方・義氏の許に帰参し、子・三郎に家督を譲ったと考えられている。

以後、栗橋城は北条氏照の北関東攻略の拠点となる。

その後、三郎が没すると、景範は自ら家督を引き継いだ。

文禄元年(1592年)、野田家伝来の宝刀「菖蒲丸」を献上することで、本多正信を通じて徳川家康より召抱えられ、下総・大塚戸(茨城県常総市)に50石を与えられる。

景範は幕臣としての近世野田氏の祖となった。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

野田景範(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【野田景範(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)