【時代】 安土桃山時代 – 江戸時代初期
【生誕】 不明
【死没】 慶長20年5月7日(1615年6月3日)
【改名】 野々村吉成→幸成
【別名】 吉成、通称:伊予守
【官位】 伊予守
【主君】 豊臣秀吉→秀頼
【氏族】 野々村氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。

初名は吉成(よしなり)。

同族であるが、同じく伊予守を称した七手組・野々村雅春とは別人である。

[sengoku-2]

尾張国(美濃国ともいう)の出身。

幸成は、野々村三十郎幸政の子、迅成(迅政)の兄、幸次(治兵衛)の父。

娘は仙石秀久の正室で、死後の院号を本陽院とする熱心な日蓮宗門徒であった。

豊臣秀吉および秀頼に仕えて、初め吉成と名乗り、後に幸成と改めた。

[sengoku-3]

弟の迅成は、同じく秀吉に仕えたが、勘気を蒙って高野山に蟄居となり、浪人。

後に山内一豊に仕えて慶長19年(1614年)5月に土佐で亡くなっている。

迅成の享年は45。

子の治兵衛は『大かうさまくんきのうち』によれば御母衣衆に列しているが、父に先立ち慶長17年(1612年)に病没している。

享年29。

慶長20年(1615年)、幸成は大坂の陣において討死した。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

野々村幸成(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【野々村幸成(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)