【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 不明
【死没】 不明
【改名】 又太郎(幼名)、氏続
【官位】 伊予守
【主君】 北条氏康、氏政
【氏族】 垪和氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

後北条氏の家臣。

駿河国興国寺城主。

垪和氏は美作国の国人で室町幕府奉公衆であった垪和氏の一族と見られる。

[sengoku-2]

氏続は弘治3年(1557年)7月に父・垪和伊予守氏堯から家督を継承した。

『北条氏所領役帳』で松山衆として1028貫675文の知行高が記録されている。

これは松田・大道寺・遠山ら重臣並みの知行であり、さらに後北条氏の通字である「氏」の字を、家臣としては一族以外で唯一与えられている事からも北条家の中で重きをなしていた事が窺える。

氏続は永禄12年(1569年)正月に駿河に侵攻してきた武田信玄に対するため出陣し、同年8月に駿河興国寺城主に任命され城の守備にあたった。

[sengoku-3]

元亀2年(1571年)正月に武田勢に城を攻められるが一族の善次郎と共に城を死守し、氏政から感状を与えられている。

天正7年(1579年)に垪和又太郎(信之)という人物が北条氏直より「直」の字を与えられているが、この又太郎は氏続の子だと言われている。

正確な没年は不詳だが、天正10年(1582年)の神流川の戦いに出陣した記録や、天正12年(1584年)に北条氏照が北条高広に宛てた書簡に名が見えるので、その頃までは少なくとも生存していたと見られる。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

垪和氏続(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【垪和氏続(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)