【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 永禄6年5月21日(1563年6月11日)
【別名】 右衛門
【氏族】 佐久山氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

下野国佐久山城主。

佐久山氏は那須氏庶流。

那須氏初代・那須資隆の次男・佐久山泰隆を祖とする。

[sengoku-2]

猛将として知られ、その勇猛さを大田原資清に買われ、その娘を室に迎えた。

のち資清が死去すると、資清の子・大関高増らに警戒されるようになり、永禄6年(1563年)5月21日、現在の栃木県矢板市にある境が峯にて、うずら狩りを装い誘き出されたところを、大関高増・福原資孝・大田原晴清の三兄弟に殺害され、居城の佐久山城も福原資孝に攻め落とされた。

義隆の殺害は資清の遺言だったとされる。

[sengoku-3]

この際、義隆の妹の半学姫も殺害され、義隆の妻も出家し、2人を供養する一生を送ったことから、義隆が殺された境が峯には、義隆と共に3人を供養する地蔵が、後世、義隆の遺臣の子孫たちによって作られ置かれている。

ただ、矢板市史では、編纂した郷土史研究家が敢えて「自然とは思えないこの地蔵には、のろいがかけられたようなかっこうに三体とも、一、二ヶ所輪切りにされているという、気味悪い石地蔵である」と記しているように、その恨みは、後世に至っても深く残されていたようである。

現在は、地蔵は地元の人たちによって手厚く供養され、地蔵の他に立派な供養塔も設けられている。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

佐久山義隆(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【佐久山義隆(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)