【時代】 戦国時代
【生誕】 享禄4年(1531年)
【死没】 不明
【別名】 次郎(通称)
【氏族】 畠山総州家

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

畠山総州家(義就流)当主。

享禄4年(1531年)、畠山在氏の嫡子として誕生したと見られる。

[sengoku-2]

父・在氏は天文18年(1549年)5月9日、細川氏綱を擁する三好長慶・遊佐長教方と細川晴元方の堺北庄における戦いにて、晴元方に味方して敗北。

6月24日には江口の戦いで晴元は敗れ晴元政権は崩壊し、これにともない義就流畠山氏(総州家)は没落するが、その最中の6月4日に代替わり文書とも言える観心寺への段銭等の免除の判物を発給しており、この頃までに家督を継承していたと思われる。

天文21年(1552年)には大和国宇智郡に勢力を持っていたことが確認でき、家臣・平左衛門大夫誠佑(まさすけ)や遊佐越中守家盛などとともに河内奪回戦を行おうとしている。

当時、河内を支配する政長流畠山氏(尾州家)では重臣・遊佐長教の暗殺や萱振一門の粛清などの内紛と見られる状況があり、それに乗じてのものであったが、三好長慶と結ぶ政長流畠山氏の基盤は固く、この試みは失敗に終わった。

[sengoku-3]

その後、弘治2年(1556年)に畠山高政(政長流)の内衆・安見宗房が大和の布施氏を攻め、尚誠は布施氏に加勢しているが、この頃の義就流畠山氏は大和・河内・紀伊の国境付近の一勢力に没落していたと見られる。

また、永禄8年(1565年)5月の三好氏による将軍・足利義輝の殺害(永禄の変)後、同年8月26日に義輝の実弟の一乗院覚慶(後の足利義昭)からの求めに応じていることが知られるが、これ以後の尚誠の消息は不明である。

一説には松永久秀の仲介で高政の家臣となったともいわれる。

また子孫は豊臣秀頼に仕えたという。

『信長公記』には別所吉親の妻が「畠山総州の娘」とあり、尚誠か在氏の子である可能性がある。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

畠山尚誠(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【畠山尚誠(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)