【時代】 戦国時代 – 江戸時代前期
【生誕】 大永4年(1524年)
【死没】 慶長10年6月22日(1605年8月6日)
【別名】 又七郎、又左衛門(通称)
【官位】 越後守
【主君】 赤松晴政→宇喜多直家→宇喜多秀家
【氏族】 花房氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。

宇喜多氏の家臣。

家系は常陸国久慈郡花房郷を領した足利氏の一門、上野氏の庶流・花房氏という。

[sengoku-2]

当初は赤松氏に仕えたが、天文年間には、宇喜多氏に属し、宇喜多直家の家臣としてその創業を支え、虫明城主となり1万8,000石を領した。

智勇兼備の名将と言われ、弓の名手として、海賊の頭領を射抜いて撃退した逸話や、和歌に堪能で、細川幽斎から古今の伝をうけた程であったという話が伝わる。

[sengoku-3]

晩年は嫡子・花房正成の領地、備中高松に隠棲した。

慶長10年(1605年)に高松城で死去。

享年82。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

花房正幸(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【花房正幸(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)