【時代】 安土桃山時代 – 江戸時代初期
【生誕】 不明
【死没】 慶長9年(1604年)
【改名】 林傳助(幼名)→ 勝吉 → 一吉 → 山内一吉
【別名】 傳左衛門、伊賀守
【主君】 織田信長 → 山内一豊 → 忠義
【氏族】 越智姓伊予河野氏支流尾張林氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。

土佐藩家老。

土佐国高岡郡窪川城主。

家禄は5000石。

尾張国の戦国大名・織田信長の筆頭家老・林秀貞の三男として美濃国岐阜城下にて誕生した。

初名は勝吉。

[sengoku-2]

父同様、織田信長に仕えるが、天正8年(1580年)8月18日、父・秀貞と共に信長によって追放される。

山城国に籠居していたが、天正10年(1582年)6月2日、明智光秀による本能寺の変によって信長が討たれると、播磨国姫路に赴いて織田家臣の山内一豊に仕えた。

これは一豊とは旧知の間柄で、「互いにどちらか、先に領主と成った方に仕えよう」と約束をしていたためといわれる。

一豊から偏諱を受け一吉(かつよし)と改める。

また林伊賀守と称した。

以後家臣として活躍し、天正13年(1585年)に近江国長浜城主となった山内一豊に従い、近江に移る。

天正18年7月(1590年8月)、豊臣秀吉の北条氏政征伐の時、江州長浜より出陣し、櫓を攻め取り功名を挙げる。

同年、一豊が遠江国掛川移封に伴い、遠江で500石を与えられた。

[sengoku-3]

慶長5年(1600年)、陸奥国会津の上杉征伐には嫡子・勝久を出陣させ、自らは寺村重友と共に留守居役となる。

慶長6年(1601年)、主君・一豊が土佐9万8000石に封じられると、「山内」の名字と土佐高岡郡仁井田・窪川両郷を与えられ、代官兼窪川初代家老職を命じられる。

その後、窪川城を修築して城下町の基礎を作り、荒野を開拓させ新田開発に尽力した。

慶長9年(1604年)、死去した。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

林一吉(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【林一吉(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)