【時代】 戦国時代 – 江戸時代前期
【生誕】 弘治3年(1557年)
【死没】 不明
【主君】 武田勝頼→徳川家康
【氏族】 美濃土岐氏庶流原氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。

隼人佑。

弘治3年(1557年)、武田晴信(武田信玄)の譜代家老である原昌胤の3男として生まれる。

異説として昌胤の長男・昌栄の子という説もあるが、有力なのは昌胤の3男説である。

[sengoku-2]

天正8年(1580年)に兄の原昌栄が戦死したため、家督を継いで武田勝頼に仕え、父や兄と同じく隼人佑を称した。

武田勝頼が甲斐新府城築城を開始した際、真田昌幸と共に奉行を務めている。

天正10年(1582年)の甲州征伐で武田氏が滅亡すると、徳川家康の家臣となった。

後に家康の命令で越前松平家の家臣となった。

なお、『信長公記』では貞胤は高遠城において戦死したとしているが、その後も存命した記録があることが指摘される。

[sengoku-3]

大坂冬の陣では松平忠直の麾下の黒幌衆として参戦。

冬の陣と夏の陣の和議の間には、かつて真田昌幸と同僚だったことから親交もあった昌幸の次男・真田信繁(真田幸村)の説得を務める役目を担い、信繁の招きに応じて酒宴を開いたことが武林雑話で紹介されている。

慶長20年(1615年)、越前松平軍と信繁の軍は大坂夏の陣で正面から激突した。

のち、越前軍の西尾宗次が討ち取った信繁の首実検を行った。

その後の経歴は不明である。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

原貞胤(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【原貞胤(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)