【時代】 戦国時代 – 江戸時代初期
【生誕】 永禄3年(1560年)
【死没】 慶長12年2月24日(1607年3月21日)
【別名】 藤蔵(通称)、重定、石見守
【主君】 豊臣秀吉→小早川秀秋→徳川家康→秀忠
【氏族】 平岡氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。

美濃徳野藩初代藩主。

永禄3年(1560年)、平岡頼俊の子として誕生した。

はじめ諸国を流浪する浪人であったが、豊臣秀吉に才能を認められ、その家臣となった。

[sengoku-2]

秀吉の甥・小早川秀秋が小早川家の養子として入った時、稲葉正成と共に秀秋付の家老となった。

また、正室の従兄弟である黒田長政とは懇意であり、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにおいて長政と通じ、正成と共に主君・秀秋に東軍に寝返ることを勧めた。

[sengoku-3]

戦後は秀秋とは別に備前児島郡2万石を与えられ家老に任じられた。

秀秋の乱心に家臣の多くが出奔する中で、最後まで秀秋に忠義を尽くした。

秀秋死後は浪人を経て徳川家康に仕え、美濃徳野に1万石の所領を与えられた。

慶長7年(1607年)2月24日に死去。

享年48。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

平岡頼勝(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【平岡頼勝(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)