【時代】 戦国時代 -安土桃山時代
【生誕】 不明
【死没】 慶長5年9月15日(1600年10月21日)
【別名】 孫九郎(通称)、藤蔵
【官位】 従五位下、因幡守
【主君】 豊臣秀吉→秀頼
【氏族】 平塚氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代の武将。

通称は平九郎、因幡守。

豊臣秀吉に馬廻として仕え、のちに美濃国垂井城主となる。

関ヶ原の戦いでは西軍に属し、戦死した。

平塚氏は三浦氏の一族で、平塚郷を賜ったことからこれを苗字にしたという。

『寛政重修諸家譜』が載せる旗本平塚氏の家譜によれば、三浦為重が「武蔵国平塚」を領したことから平塚を家名にしたという。

父は三郎入道無心。

[sengoku-2]

豊臣秀吉の中国出陣時、秀吉から勘気を被り浪人になっていた平塚藤蔵が播磨の戦で黒田孝高に陣借りをし、高倉山城主福原助就を討ち取る手柄を立て再び秀吉に仕えたとする話があり、この平塚藤蔵を為広とする。

為広は後に秀吉の家臣(馬廻)として仕え、小牧・長久手の戦いや小田原征伐に参加して武功を挙げた。

天正20年(1592年)からの朝鮮出兵にも参加し、肥前名護屋城に駐屯した。

文禄4年(1595年)7月、長年の忠義を認められて8000石を与えられた。

慶長3年(1598年)、醍醐の花見にも秀吉の護衛として参加している。

また、同年5月には筑前に下向した石田三成に代わって真田信幸の取次も務めている。

秀吉死後は豊臣秀頼に仕え、慶長5年(1600年)には美濃垂井に1万2000石の所領を与えられ垂井城城主となる。

同年の関ヶ原の戦い直前、徳川家康に対して挙兵しようとする三成を大谷吉継と共に佐和山城にて諫言したが聞き入れられず、西軍に与することとなった。

伏見城攻めでは軍功を挙げている。

のちに吉継に属し北国口の防備に加わり、8月4日(9月11日)には東軍の前田利長に備えるために北庄城に入る。

8月下旬、吉継とともに美濃に南進、9月3日(10月9日)に関ヶ原の西南の山中村に着陣。

9月14日(10月20日)、吉継より戸田勝成と共に小早川秀秋の動向を探り秀秋に裏切りの気配があれば暗殺するように密命を受けていたが秀秋に事前に暗殺計画を察知されたため、かなわなかったと言われている。

[sengoku-3]

9月15日(10月21日)の関ヶ原本戦では、吉継に属して前備え360人を率い藤川の台に布陣、裏切った秀秋の部隊を相手にし数度撃退したが、脇坂安治らの裏切りや藤堂隊、京極隊の攻撃に持ちこたえることができず壊滅状態になった。

為広はなおも奮闘したが、山内一豊の家臣樫井太兵衛に討たれた。

小早川秀秋の家臣横田小半介に討たれたとも言われる。

死ぬ前に吉継に辞世の歌(「名のために捨つる命は惜しからじ つひにとまらぬ浮世と思へば」)を送っている。

(大谷吉継は「契りあらば 六の巷に まてしばし おくれ先立つ 事はありとも」と返歌しているが届いたかは不明)

同合戦で子の庄兵衛も討死したとされる。

また、為広と同様に怪力で知られた弟の平塚久賀は生け捕られ、徳川家康の前に引き立てられたが放免されている。

昭和15年(1940年)9月15日、為広の子孫である平塚定二郎が、為広が討ち死にした藤川の地に「平塚為広の墓碑」を建立した。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

平塚為広(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【平塚為広(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)