【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 天文2年(1533年)
【別名】 通称:二郎三郎、伊豆守
【主君】 伊東尹祐→祐充
【氏族】 福永氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

日向伊東氏の家臣。

娘が主君・伊東尹祐に見初められ祐充、祐清、祐吉を生んだことで当主家の外祖父となり、家老の地位を得る。

[sengoku-2]

尹祐の死後、若年の祐充が家督を継ぐと専横の振る舞いが多くなり、その有り様は「威勢国中に肩を並ぶる人もなし」とまで評され、譜代家臣団との深刻な対立を招いた。

とりわけ山間部の小河領主、嶽の米良氏を被官としたことは稲津氏、落合氏などからの反発が強く、享禄4年(1531年)には都於郡城下において「若き衆」と号する一揆との戦闘行為にまで発展した。

祐炳は当主の威光を背景に「守護方」を称して若き衆を弾圧し、そのために家中からは落合兼由、稲津重由、右松祐宣、川崎良代ら多くの有為の士が失われた。

[sengoku-3]

こうして反対勢力は除かれ、その権勢はいよいよ増したかに思われたが、天文2年(1533年)に祐充が早世すると、福永氏の専横を憎む祐充の叔父・伊東祐武が反乱を起こし、祐炳は3人の子と共に自害に追い込まれた。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

福永祐炳(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【福永祐炳(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)