【時代】 安土桃山時代 – 江戸時代初期
【生誕】 永禄10年(1567年)
【死没】 元和9年3月21日(1623年4月20日)
【別名】 少輔三郎(通称)
【官位】 左近允、式部少輔、越後守
【主君】 毛利輝元→秀就
【氏族】 大江姓福原氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。

安芸毛利氏の家臣。

毛利氏の一族である安芸福原氏当主。

永禄10年(1567年)、12代当主・福原元俊の子として誕生。

祖父は11代当主・福原貞俊。子は同名の14代当主・元俊(隠岐守)など。

[sengoku-2]

毛利輝元に仕え、天正19年(1591年)に家督を継承する。

吉川広家と共に家中で重きをなし、朝鮮出兵に力を発揮した。

関ヶ原の戦いにおいては西軍に味方した毛利氏の断絶を防ぐため、広家・宍戸元続・益田元祥・熊谷元直と談合の上で徳川家康に内通、領国安堵の約束を取り付けたが、戦後約束は反故にされ、輝元が減封されると広俊も本領を維持できず、以後は長門吉敷の地を領した。

輝元は隠居したため、嫡男で幼少の秀就を広家・益田元祥・毛利秀元と共に支えた。

[sengoku-3]

江戸において江戸幕府との折衝にあたり、毛利氏の居城の場所選定を本多正信・正純父子と話し合い(結果は萩城に決定)、慶長11年(1606年)の江戸城普請を担当するなど幕府との関係維持に腐心、長州藩内部の問題解決にも尽力、萩城築城中に起きた熊谷元直粛清事件(五郎太石事件)で藩内の動揺を鎮め、藩の政策決定にも関わっている。

また、大坂の陣に際して佐野道可事件が発覚すると処理に奔走、元和2年(1616年)に国許へ戻り、元和8年(1622年)に嫡男の元俊に家督を譲り隠居した。

翌9年(1623年)に死去。

子孫は代々長州藩の家老を務めた。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

福原広俊(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【福原広俊(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)