【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 不明
【官位】 豊後守(受領名)
【主君】 小笠原長時→武田信玄
【氏族】 二木氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

信濃小笠原氏の家臣。

信濃国安曇郡中塔城主。

二木氏は信濃小笠原氏の支流。

[sengoku-2]

南北朝時代に小笠原貞宗の子・政経が信濃安曇郡住吉庄内の地頭職を分与され、二ツ木郷に移住する。

その後、子孫の貞明の代で二木氏を名乗ったという。

重高は信濃守護・小笠原長時に仕えた。天文17年(1548年)、長時に従って塩尻峠の戦いに出陣するが、合戦の最中武田方に寝返っている。

同19年(1550年)の野々宮合戦には小笠原方として戦功を挙げている。

[sengoku-3]

天文23年(1554年)、長時が越後国に流亡すると重高は武田信玄の傘下に入った。

翌24年(1555年)、謀反の疑いを掛けられた三村長親粛清で功を挙げたが、以後の消息は不明。

末裔は現在、松本市浅間温泉で旅館を営む。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

二木重高(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【二木重高(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

合戦名で探す(合戦の開始年代)