【時代】 戦国時代
【生誕】 文明10年(1478年)
【死没】 大永6年(1526年)
【改名】 幼名:孫次郎
【官位】 常陸介
【主君】 大友氏
【氏族】 戸次氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

豊後国の戦国大名・大友氏の家臣。

大友氏の支流・戸次氏の当主。

官位は常陸介。

豊後国鎧ケ岳城主。

[sengoku-2]

父は戸次親宣、妻は由布惟常の女・正光院、継室は臼杵長景の女・養孝院。

子に清田鑑綱室、一万田親泰室、安東家忠室、戸次鑑連(立花道雪)、立花鑑高室、戸次親方正室、利光鑑教正室、戸次親繁室。

ほか戸次鑑方、戸次親行や娘]がいたが、いずれ親家の実子ではない、彼の継室・養孝院が戸次一族興盛のため、他家より引き連れの子と考えられる。

伯父に戸次親続、叔父に戸次親延、戸次親就。

[sengoku-3]

大友氏庶流の戸次親宣の子として生まれた。

大友氏の一門であったが、家運は大きく衰えており、本貫地の戸次庄も失って没落していた。

親家の代でもその衰運を覆すことはできなかった。

また、親家自身病弱で臥せがちだったため、出仕すらままならない状態も多かったという。

1526年、大内氏が佐野親基・問田重安を豊前国に侵入させ、豊前国の要衝馬ヶ岳城を占拠した際には、病に臥せっていたため、嫡男の戸次鑑連を出陣させた。

鑑連は若年でありながらも奮戦し、勲功を挙げた。

息子の成長に安堵した親家は、同年に死去。

家督は鑑連が継いだ。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

戸次親家(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【戸次親家(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)