【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 不明
【死没】 天正14年(1586年)
【改名】 幼名:千寿丸
【別名】 通称:伯耆守
【官位】 伯耆守
【主君】 大友義鎮 → 義統
【氏族】 戸次氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

大友氏の家臣。

大友氏庶流・戸次氏の16代当主。

父は戸次鑑方で、猶父は戸次鑑連(立花道雪)。

弟に戸次鎮林(しげきみ/しげとき)。

子に統連、戸次統利(むねとし)他。

鎧ヶ岳城主。

[sengoku-2]

豊後国の戦国大名・大友氏の家臣である戸次鑑方の長男として生まれる。

鑑方の嫡男ながら天文22年(1553年)頃に子のなかった伯父の戸次鑑連の猶子となった。

主君・大友義鎮(宗麟)と猶父・鑑連より1字ずつ賜って鎮連を名乗る。

以後は、鑑連に従って筑前国・豊前国を転戦した。

永禄10年(1567年)の秋月種実との休松の戦いにおいては、父・鑑方ら多くの一門や家臣が討死するなか、鎮連は奮戦して戦功を挙げた。

天正6年(1578年)には日向国北部に侵攻し、土持親成らを討って、土持氏を滅亡に追い込んだ。

しかし、同年6月に出陣した耳川の戦いにおいて、大友氏は島津氏に大敗北を喫し、豊後国内の情勢も風雲急を告げた。

猶父・立花道雪らは大友氏の衰勢を挽回すべく筑前筑後で奮闘を続けた。

[sengoku-3]

鎮連は、天正8年(1580年)に斜陽の大友氏を支えるべく、志賀道易 (道益、親度)、一萬田鎮実らと連署で主君・大友義統を諌める書状を提出したが、聞き入れられなかった。

天正13年(1585年)に、猶父・道雪が死去。

いよいよ、大友氏の衰運は決定的となる。

天正14年(1585年)、大友家加判衆となるが、すでに民心も離れて一揆が起こる。

そこに島津氏が北進して豊後国まで侵攻を始めたが、柴田紹安、志賀道雲、道易、朽網宗暦、戸次玄三、一萬田紹伝、麻生紹和、鎮連はすでに島津氏に内応しており、大友方に残った諸城も次々と陥落する。

鎮連は、他の内応者と同様に大友義統によって誅殺、もしくは城を明け渡して自害に追い込まれたとするが、詳細は伝わっていない。

嫡男の統連が統常に改名して跡を継いだ。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

戸次鎮連(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【戸次鎮連(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)