【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 享禄4年8月18日(1531年9月29日))
【改名】 伊勢新六郎、北条氏時
【官位】 左馬助
【主君】 北条氏綱
【氏族】 伊勢氏、後北条氏(玉縄北条氏)

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

伊勢盛時(北条早雲)の子。

初代玉縄城主。

伊豆国・相模国の戦国大名・伊勢盛時(北条早雲)の子として誕生した。

[sengoku-2]

生年は不明であるが、嫡男・北条氏綱と同腹の次男と推定されており、兄・氏綱(1487年)から四弟・長綱(幻庵・1493年、一説に1501年)までの間ということになる。

氏時に関する史料は極めて少ない。

享禄2年(1529年)5月15日付で伊豆国の三島大社護摩堂に宛てたものが初見文書であり、伊豆郡代または韮山城主であったと考えられる。

次の文書は同年8月19日付の相模国東郡二伝寺(藤沢市)宛てのものでこの時には玉縄城主になっていたことになる。

[sengoku-3]

大永6年(1526年)、安房国の里見義豊が相模国鎌倉に乱入してきた際、戸部川で迎撃したとされている。

なお、戦後両陣営で首を交換し、それを埋め弔うために建てた供養塔(玉縄首塚)が残っており、供養は現在も「玉縄史蹟まつり」として毎年継承されている(鶴岡八幡宮の戦い)。

享禄4年(1531年)8月18日に死去した。

子がなかったため、玉縄城主は兄・氏綱の子の為昌に引き継がれた。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

北条氏時(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【北条氏時(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)