【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 不明
【死没】 不明
【別名】 秋延、弥八郎
【主君】 西園寺公広→長宗我部元親→小早川隆景
【氏族】 法華津氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

伊予国法華津本城主。

西園寺十五将の1人。

法華津氏の本姓は清原氏とされ、法華津殿清原氏あるいは清家氏を称した。

[sengoku-2]

当初は西園寺氏に仕え、大友氏や長宗我部氏の侵攻に際し数々の武功を挙げた。

永禄3年(1560年)、同13年/元亀元年(1570年)の大友氏の侵攻に際しては、水軍を率いて奮戦した。

天正3年(1575年)、豊後国臼杵に追放されていた一条兼定が土佐国での再興を図り伊予に上陸した際は、主君の西園寺公広や津島氏らと共に兼定を支援した。

天正7年(1579年)、長宗我部氏の家臣・久武親信が侵攻してきた際には、前延も土居清良と協力して親信を討ち取った。

天正12年(1584年)に長宗我部軍が侵攻してきた際には、西園寺氏を裏切って長宗我部氏につき保身を図ったとされる。

[sengoku-3]

しかし天正13年(1585年)、羽柴秀吉の四国攻めで長宗我部氏が伊予を去り、河野氏・西園寺氏などは降伏した。

代わって入国した小早川隆景により法華津本城への在城が許され九州平定にも隆景配下として従軍したが同16年(1588年)、伊予宇和郡に入部した戸田勝隆から下城を命ぜられ法華津氏は没落、前延も九州に去ったともいう。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

法華津前延(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【法華津前延(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)