【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 天文8年11月28日(1540年1月7日)
【氏族】 本庄氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

越後の国人である本庄氏当主。

本庄時長の子。

本庄繁長の父。

大和守。

なお、祖父(時長の父)は同名の「房長」である。

[sengoku-2]

越後北部の有力な国人で揚北衆の一人。

嫡男ではなかったが、父の時長が長尾氏に反乱を起こし、居城が落城した際、兄の弥次郎が戦死したため、後継となった。

永正6年(1509年)には父の時長も没し、家督を継承した。

天文4年(1535年)、色部氏の内紛をきっかけに本庄氏の不満分子が色部氏家中にも呼びかけて両氏に対する反乱を起こす計画がある事が発覚した。

これを機に色部勝長・鮎川清長との同盟を強化する。

[sengoku-3]

越後の守護である上杉氏に従って長尾為景と争ったが、天文8年(1539年)、一転して上杉定実と伊達実元の養子縁組に反発して挙兵し、大宝寺氏と同盟を結んで定実や揚北衆の中条藤資、それに加担する伊達氏の援軍と戦う。

同族である鮎川氏とは境界上にある下渡島城の支配を巡って対立したようであるが、色部勝長が両者の仲裁に入ったことで一応の終息はみたようである。

しかし、出羽国の大宝寺氏救援のための遠征を行っている最中にかねてから兄に不満を抱いていた定実派の弟の小川長資とこれを支持した鮎川清長によって居城を奪われ、その衝撃により陣中で病に倒れて急死した。

なお、諸説あるものの村上山一帯に村上城を築いたのは、この房長であるとされている。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

本庄房長(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【本庄房長(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)