【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 永禄6年(1563年)
【別名】 左衛門五郎、藤右衛門尉
【主君】 朝倉孝景→義景
【氏族】 前波氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

朝倉氏の重臣。

代々「藤右衛門尉」を称す前波氏の嫡流の当主。

前代・前波吉当までの前波氏嫡流当主が実名に「吉」を使っているのに対し、景定や嫡子・景当は朝倉氏当主から拝領した「景」の字を用いている。

[sengoku-2]

朝倉景連、小泉長利、河合吉統らと共に一乗谷奉行人を務めた。

天文年間(天文8年、1539年)頃?から主に奉行人として足利義晴への奏者を務めるなど、評定衆として家中で重きを成した。

また、奉行人を務める傍ら、たびたび合戦に出陣したらしく、奉行人連署状に花押の代わりに「在陣」と記したものが残っている。

[sengoku-3]

永禄5年(1562年)12月の奉行人連署状を最後に名が消え、一旦、前波氏自体の名が奉行人から見られなくなった後、永禄8年(1565年)から嫡子・景当が連署状に名を連ねるため、この間に没したと推測される。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

前波景定(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【前波景定(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)