【時代】 戦国時代
【生誕】 文亀2年(1502年)
【死没】 永禄5年8月28日(1562年9月26日)
【別名】 民部丞、右馬允、新二郎(通称)
【主君】 今川氏親、松平清康、今川氏輝、松平元康
【氏族】 三河牧野氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

東三河地方の国人領主。

牛久保城主第2代、通称は民部丞・右馬允・新二郎。

牧野成勝の子(実は牧野成種(出羽守)の子、成勝の養子となる)。

牧野貞成は東三河の国人のひとつとして、また第二代の牛久保城(愛知県豊川市牛久保町)城主として、三河国宝飯郡を中心に支配領域を持ったが、一方では永正3年(1506年)の侵入以来、東三河地方に進出を始めた今川氏の勢威に父成勝の代には既に服していた。

しかしその後は、他の東三河の国人衆と共に松平氏→今川氏→織田氏→今川氏→徳川氏と従属・離反を繰り返した。

そのため中途の弘治2年(1556年)2月には今川義元により牛久保城主の地位を追われ、一族で親今川派の牧野成定に代わられた。

[sengoku-2]

牧野貞成は牧野氏の家譜・系図によると、三河牧野氏の牧野成種の次男(異説に三男、また四男とも)として生まれ、三河国宝飯郡牛窪にあった牛久保城城主の牧野成勝の養子とされる。

天文年間初期に成勝より牛久保城主を受け継いだと考えられるが、交代の正確な年は不明。

初めは父と共に駿河国の今川氏に属したが、今川氏は当主今川氏輝が幼弱であったため、その間隙を衝いて貞成は今橋牧野家の牧野信成と共に自立を計るが、享禄2年(1529年)・天文元年(1532年)と西三河岡崎城主の松平清康が東三河に侵攻するとこれに服した。

しかし、松平清康が天文4年(1535年)に森山崩れに陣没すると松平氏を離れ、翌5年(1536年)には今川氏輝が急死し、今川氏に死去後の家督継承の争乱も起きたが、結局は今川氏に再属した。

天文15年(1546年)には、氏輝の後継今川義元が貞成の兄で牛窪城(長山一色城)主の牧野保成の要求に応じて東三河に出兵。

今川軍は渥美郡にある、かつて牧野氏の属城であった吉田城を陥落させ、戸田氏の手から吉田城を奪還した。

しかし、事前に約束されていた牧野氏に対する城の返付は履行されず、吉田城には今川家臣の伊東元実(左近将監)が城代として入城(伊東元実は天文23年頃まで在任して小原鎮実に交替。牧野保成はその間、吉田城へ出仕)。

このため、貞成は今川氏に遺恨を含んだとされる(「御家譜」などの記述では、この遺恨により牛久保城を退去し遠江国宇津山城の朝比奈紀伊守のもとに蟄居したともいう)。

[sengoku-3]

弘治2年(1556年)初めには尾張国の織田信長と結んだ吉良義昭の招きにより、義昭の幡豆郡吉良庄の居城西尾城に籠城した。

しかし、今川義元はすぐに吉良領に今川方の松平軍を派兵し、荒川山城(八面城)を拠点に西尾城を攻めたため、貞成は牛久保方面へ敗走した。

義元により追放され牛久保城主の地位を失っていたと考えられる貞成は蟄居した。

永禄3年(1560年)今川義元が桶狭間の戦いで戦死後、岡崎城に復帰した松平元康(後の徳川家康)が伊奈本多氏一族の本多信俊や宝飯郡大塚(蒲郡市大塚町上中島)の大塚城主・岩瀬吉右衛門を通じて貞成を調略。

貞成は永禄4年(1561年)松平元康に服属した。

しかし永禄5年(1562年)8月28日、牛久保城主に復帰することなく死去。

法名は月江常心大禅門、葬地は愛知県新城市庭野の曹洞宗龍岳院。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

牧野貞成(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【牧野貞成(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)