【時代】 戦国時代
【生誕】 明応元年(1492年)
【死没】 天文2年7月27日(1533年8月17日)
【別名】 弥次郎(通称)、時綱
【官位】 大膳亮
【主君】 里見義通→義豊
【氏族】 三浦氏→安房正木氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

里見氏の家臣。

正木時茂・時忠の父。

別名は時綱(ときつな)。

通称は弥次郎、大膳亮。

安房国山之城(現在の千葉県鴨川市)城主(異説あり)。

その出自について確定はしていない。

三浦時高(義高)の子、その養子の三浦義同の子、義同の弟の三浦義時の子と諸説ある。

[sengoku-2]

里見義通から一字拝領を受けて通綱と名乗り、その弟である里見実堯の配下の将として上総国へと侵攻している。

永正5年(1508年)に造営された安房国鶴谷八幡宮の棟札には「副帥(関東の副将軍=古河公方の補佐役)源(里見) 義通」に続いて「国衙奉行平(正木) 通綱」の署名が記されている。

その後も義通の後を継いだ里見義豊の命を受けて武蔵国品川湊への攻撃を指揮しており、安房国長狭郡及び三原・正木の2郷を領するなど、急速に里見氏の家中で発言力を増したが、実堯と義豊の関係が不穏になると、実堯に近い通綱に対しても譜代の重臣の反発が高まるようになる。

[sengoku-3]

こうした状況の下で、実堯が北条氏と通じているとの風評が流れたため、天文2年(1533年)7月27日、義豊によって稲村城で実堯ともども殺害された(稲村の変)。

なお、『寛政重修諸家譜』では、通綱が実堯の子・義堯を擁して謀反を企てているとの糟谷石見守の讒言を受け、これを信じた義豊が実堯と通綱を襲撃し、通綱は襲撃時に腕に受けた矢傷が悪化して居城の山之城で死去したとされる。

長男の弥次郎も義豊によって稲村城で殺害されたが、次男の時茂は難を逃れて山之城に逃げ帰ったという。

一説には、古傷の悪化によって稲村城に登城しなかった通綱は殺害を免れたものの、脱出して山之城に逃げ込んだ直後に無理な移動が祟ってそのまま危篤状態となり死亡したとする伝承もある。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

正木通綱(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【正木通綱(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)