【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 大永6年7月20日(1526年9月6日)
【改名】 貞兼、(法名)全田
【別名】 通称:又次郎
【官位】 越中守、治部少輔
【主君】 大内政弘、義興
【氏族】 益田氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

戦国大名大内氏の家臣。

益田氏第16代。

石見国の国人。

寛正2年(1461年)に父益田兼堯から家督を譲られ、以降大内政弘に仕える。

応仁の乱に際しては政弘に従って上洛し、細川勝元軍と交戦して武功を挙げ、足利義視から太刀と鎧を与えられた。

[sengoku-2]

文明2年(1470年)、周防国において大内教幸が反乱を起こす(大内道頓の乱)。

石見の有力国人吉見信頼も反乱に加担したため、政弘の命令で石見に帰国し、陶弘護と協力して反乱を鎮圧した。

この功績を受けて政弘より周防・長門などに所領を新たに加増され、益田氏の全盛期を創出する。

文明11年(1479年)には9代将軍足利義尚の接待を受けている。

[sengoku-3]

文明15年(1483年)、嫡男の宗兼に家督を譲って隠居したが、引き続き大内家の重鎮として政務に参画した。

大永6年(1526年)7月20日に死去。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

益田貞兼(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【益田貞兼(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)