【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 永禄8年9月3日(1565年10月6日)
【改名】 益田熊童丸(幼名)→益田尹兼
【別名】 通称:又次郎
【官位】 越中守
【主君】 大内義興→義隆→義長→毛利元就
【氏族】 藤姓道兼流御神本氏族益田氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

石見国の国人である益田氏の第18代当主。

幼名は熊童丸。

通称又次郎。

官位は越中守。

父は益田宗兼、母は陶氏の娘。

子に益田藤兼。

[sengoku-2]

石見国の国人である益田氏の第17代当主・益田宗兼の子として生まれる。

永正5年(1508年)の大内義興の上洛に父・宗兼と共に従う。

永正8年(1511年)の船岡山合戦にも参戦し、父の戦功により足利義尹(後の足利義稙)から「尹」の偏諱を賜り、「尹兼」と名乗った。

しかし、在京中に三隅興兼が石見西部へ攻め入ったため、父に先立って帰国し、永正15年(1518年)まで交戦した。

[sengoku-3]

大永6年(1526年)に出雲国から石見国へ侵攻した尼子経久を迎え撃ち、翌大永7年(1527年)には毛利元就や天野興定と共に安芸鳥子城を攻め落とした。

享禄3年(1530年)には吉見頼興と高津川の支流匹見川の水域に関する協定を結んだ。

天文13年(1544年)に嫡男・藤兼に家督を譲り、以後20年に渡って藤兼を後見した後、永禄8年(1565年)9月3日に死去。

法名は桂香院殿全屋尹兼大居士。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

益田尹兼(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【益田尹兼(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)