【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 不明
【死没】 不明
【別名】 通称:八郎
【官位】 山城守
【主君】 今川氏真→武田信玄
【氏族】 松井氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

今川氏、甲斐武田氏の家臣。

遠江国二俣城主。

今川氏の家臣・松井宗信の子として誕生。

[sengoku-2]

永禄3年(1560年)5月、桶狭間の戦いにて今川義元と共に父・宗信も戦死。

それに伴い同年12月、家督及び跡式を継ぐことを認める文書(判物)数通を今川氏真より受給、父の遺領相続と松井衆の寄子の承継を認められている。

また、これらによれば父・宗信は戦死時に左衛門佐と称し、宗恒は八郎と称した。

さらに、父より引き継いだ寄子の武士は57名であったという。

ただし、宗信戦死後は同族の松井宗親や松井助近が宗恒より以前に二俣城主に就任したとの諸説が存在する。

[sengoku-3]

その後、居城の二俣城は永禄11年(1568年)12月、徳川家康の進攻を受け、松井衆は松井和泉守某・松井八郎三郎某などが今川氏真の信頼篤い城将・鵜殿三郎(鵜殿氏長)と共に降参し徳川氏に服属。

しかし宗恒はこの時の動向は不明ながら、後には武田方に投じたとされ、元亀3年(1572年)には、武田氏より2千貫文の知行を宛われた。

同年12月には甲斐国の武田信玄の攻撃で二俣城が再度落城している。

宗恒一党はその後の武田氏滅亡に運命を共にしたとされる。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

松井宗恒(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【松井宗恒(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)