【時代】 戦国時代
【生誕】 天文3年(1534年)
【死没】 永禄8年8月28日(1565年9月22日)
【別名】 通称:孫四郎、信氏
【主君】 斎藤家
【氏族】 岸氏(佐藤氏)

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

通称は孫四郎、信氏。

父・岸信周、母・桂院月丘浄香大姉。

兄弟に岸信清、佐藤秀清室。

子に岸信近、岸信宗、栄(佐藤義秀室)。

美濃斎藤家に於いて、父の信周と共に多くの合戦で活躍した。

岸勘解由父子は豪勇で鳴る武将と言われていた。

[sengoku-2]

織田信長の中濃攻略戦により、父信周と共に堂洞城を守備。

はじめ岸信周は長井道利を堂洞城評定にて「佐藤紀伊守の内心疑わしく覚え候、彼を召され気色をも御試し候へ。」とし、佐藤忠能を堂洞城へ呼び、中濃三城盟約により、堂洞城に三城主が集まり会談を開く。

関城主長井道利の勧めで結束を固める為、加治田城主佐藤忠能の娘である八重緑を信周養女として将来信房の妻とした。

織田信長の織田軍が堂洞城を包囲する。

その時金森長近が鵜沼城から投降を進める使者として堂洞城へ赴くが、岸信周は拒否。長近は、信房にも意志を尋ねたところ、嫡男を呼び長近の目の前で首を切って決意を示した。

長近は「明日の先陣でお目にかかろう。」の言葉をのこし引き下がった。

[sengoku-3]

合戦の準備中、佐藤忠能が中濃三城盟約を破り、内通を知った岸方は、八重緑を夜呼び寄せ、刺殺し、竹の串に貫いて堂洞城長尾丸にて磔にする。

翌日、信房は、堂洞城北方方面守備につき、北から攻め上がって来た加治田軍(加治田衆)と戦う。

信房は諸将を指示して決死の勢いが凄く、何度も撃退した。

戦が長引くにつれ、軍勢も多く傷つき、小勢となる。

最後は、信房も三ヵ所の傷を負い、もはやこれまでと松原に駆け込み、腹を十文字に搔き切って自害した。

32歳と言う。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

岸信房(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【岸信房(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)