【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 天文6年(1537年)
【死没】 天正3年5月21日(1575年6月29日)
【別名】 又八郎、主殿助
【主君】 徳川家康
【氏族】 深溝松平家

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

松平好景の長男。

深溝松平家3代。

三河国額田郡深溝城主(愛知県額田郡幸田町深溝)。

第2代当主・松平好景の長男として誕生。

[sengoku-2]

永禄4年(1561年)に中島城(愛知県岡崎市中島町)を預かるが、同年4月15日、東条城の吉良義昭に攻められた酒井忠尚の守る上野上村城(豊田市上郷町)に援軍として出兵中に、手薄となった中島城を義昭方に襲われ、深溝城より救援に駆け付けた父・好景が善明堤の戦いで討死したため、深溝松平家の3代目を継いだ。

永禄6年(1563年)、武田信玄の軍勢が長沢城に攻めてきたが、小競り合いということもあって伊忠はこれを撃退している。

また、同年に起こった三河一向一揆では、一揆方として深溝城近郷の野羽城(六栗城との説も)に籠る大津半右衛門、乙部八兵衛、夏目吉信を攻略、乙部八兵衛を内応させて夏目吉信を生け捕りにした。

のちに夏目吉信は伊忠の嘆願により帰参が許された。

その後も永禄8年(1565年)吉田城攻略戦、永禄12年(1569年)の掛川城攻城戦、元亀元年(1570年)の姉川の戦い、元亀3年(1572年)の三方ヶ原の戦いなど主要な合戦へはいずれも参戦、家康初期の功臣として武功には目覚しいものがあった。

[sengoku-3]

天正3年(1575年)5月の長篠の戦いにも参戦し、同月20日の夜、織田信長の命を受けた酒井忠次が率いる別働隊の一翼を担い、夜陰に乗じて鳶ヶ巣山の攻略に向かった。

翌21日早朝、敵将・武田信実(信玄の弟)を討ち取るという功績を挙げる。

しかし、引き続き行われた残敵追撃戦で前線に出過ぎたため、退却する武田軍の小山田昌行率いる500騎に、後ろから猛反撃を受けて討死した。

享年39。

墓所は深溝松平家の菩提寺・瑞雲山本光寺。

法名は「慈光院殿悟渓源了大居士」。

伊忠が討死したされる地(愛知県新城市有海)には、松平伊忠戦死之地の石碑がある。

長篠の戦いにおける織田・徳川連合軍側で唯一と言える有力武将の戦死した例であった。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

松平伊忠(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【松平伊忠(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)